アトピーでお悩みの方へ 漢方で治す皮膚疾患

アトピーの患者さんは、元々体を冷ます機能が弱く、 熱が体内に篭っている方が多く見られます。「熱?熱なんかないんだけど。」という方は、患部を見て触ってみてください。真っ赤になっているか、熱いか、乾燥でカサカサになっているか、もしくはジュクジュクしているか。
赤いのは熱で、触ってみても熱感があると思います。乾燥でカサカサなのは、熱で水分が乾いてしまった状態です。

ジュクジュクは熱と体内の余分な水分が絡み合った状態。どちらにせよ、患部は熱をもっているということです。

アトピーによる痒み

まずはカラダの状態を知る 改善の第一歩

アトピーに対する漢方的対策は、この体にこもった熱を下げる事が最初のアプローチです。
これを専門用語で「表治(ひょうち)」と言います。
この「表治」に対して、長期的に根本から治す対策では、体の奥に潤いを与え、熱を冷ます機能を強めていきます。これは先程の表治に対して「本治(ほんち)」と言います。

表治本治

本治は、表治の後(熱を冷ました後)に始めるというのが漢方でアトピーを治療する基本です。この表治と本治のタイミングとバランスがアトピー改善の鍵です。表治が足りず、まだ熱が十分に静まっていない段階で本治に入ると一時的に悪くなったりします。本治が遅くなると、乾燥がすすんでガビガビになったり、冷えやすくなったりします。

熱を冷まして、乾燥を防いで、保湿して、バリアをしっかりつくる。
これが美肌作りとアトピー対策の基本です。

アトピーでお悩みの方へ ステロイドについて

画像の説明

アトピー、皮膚疾患の患者さんにとって、ステロイドは大変難しい問題です。 たしかにステロイド薬を塗る事で、一時は治ったようにサラサラになります。 しかし、塗り続けることで、症状は悪化し、治りにくくなります。

これはステロイドというのはごまかしているだけで、治してはいないからです。悲しいですが、これが西洋医学での皮膚病治療のスタンダードで、世界中どこの病院でもおよそ同じ事をしています。

ステロイドは決して悪い薬ではありません。正しい使い方をすることで、辛い皮膚症状を劇的に抑えられ、改善を促すことができます。しかし、この「抑えこむ」ことだけに頼っては良くなりません。

つらい症状 漢方の力で前進を

アトピーはつらい症状です。でもほとんどの人が少し食事に気をつけ、漢方とスキンケアをうまく活用する事で、現状よりずいぶん楽になります。

ステロイドで苦しんでいる人も、漢方やスキンケアをうまく使う事で、早く効き、早くやめられます。

肌は手をかけてあげれば、今より必ず綺麗になります。

画像の説明

皮膚は熱に弱いので熱をコントロールした食養生と、質の高い睡眠が重要です。まずは生活習慣から大事に改善してきましょう。お体にあった養生法と漢方をアドバイスいたします。ご相談ください。

乳幼児のアトピー対策についてはこちらもご参考ください
【肌作りは食事の見直しから】