男性の不妊に漢方のちからを

世継ぎを残すというのは何時の時代にもとてつもなく重要なことです。中医学も勿論何千年というその歴史の中であらゆる賢人たちが取り組んできました。

老化は永遠のテーマ

中医学の古典、黄帝内経には「男性は8年ごとに身体が変化する」と書かれています。詳しく見てみましょう。

■8歳になると、腎気が充実し始め、歯が生えかわり、髪が伸びる。
■16歳になると、腎気が旺盛になり、天癸 (精巣・精子)が発育成熟し、精気が充満して、子を授かることができるようになる。
■24歳になると、腎気が充満して、筋骨が強くなり、親知らずが生え、身長が伸びきる。
■32歳になると、筋骨が強壮となり、肌肉が豊かで逞しくなる。
■40歳になると、腎気が衰え始め、髪が抜けたり、歯が欠けたりするようになる。
■48歳になると、陽気が衰え、顔がやつれ、髪に白髪が混じるようになる。
■56歳になると、肝気が衰え、筋脈の自由が利かず、天癸は尽きて精気も少なく、腎気が衰えて、肉体疲労が極まる。
■64歳になると、歯は抜け、髪は落ちる。

という具合です。

これらを見ると、中医学では「腎気」の充実度合いが老化の要であることがわかります。腎気とは、「生命力」と同義です。人間の一生は腎気の充実とともに最盛を迎え、その衰えとともに衰退していくのです。腎気の衰えはそのまま腎の衰えとなり、尿の切れが悪くなり、足腰が弱くなり、疲れやすくなり、物忘れが多くなり、朝だるくなり、寝つきがわるくなり、病気が治りにくくなり、肌にしわやシミが増え、良く喉が渇き、手足が冷たく冷え、白髪が抜け毛が増え、耳鳴り、目の疲れ、めまい、肩こり、全身のむくみなどが感じられるようになります。

加齢、漢方、子宝、8の倍数

腎の衰え=老化

これらの症状は腎の機能低下状態である「腎虚(じんきょ)」の症状です。男性力の節目は、腎の気が衰え始める40歳。日本ではちょうど厄年に当たりますね。ちょうどこのぐらいから体力や性機能の低下が進み、男性ホルモンの低下に伴い、精力減退やうつ症状など様々な病気も現れやすくなります。そして、不妊に悩む男性には、40代以前から「腎虚」がみられる「若腎虚」が多く見られます。

腎を護る

腎は生命の源であると共に、生殖力の源でもあります。中医学で「腎」は単に腎臓のことだけでなく、生殖器官やホルモン系、カルシウム代謝、自律神経系など幅広い機能を指し、腎の機能低下は男女ともに不妊に繋がるのです。腎の機能低下では、人間の持つ生命力や免疫力、治癒力の低下、精力の減退、足腰のだるさ、疲れ、歯や骨の強度低下、難聴、耳鳴り、健忘など一般的に「老化」と認識される症状がみられるようになります。いつまでも若々しくあることは中医学だけでなく、人類の永遠のテーマです。中医学では、腎の機能を護り、少しでも衰えを食い止める方法を「補腎(ほじん)」といい、そのための様々な食材、生薬、包剤が開発されてきました。

男性力を高める「補腎」の生薬と漢方

食養蟻:精子のもとになる上質なたんぱく質のほか、生殖器の発達と生殖機能の維持に不可欠な亜鉛やその他マグネシウムなど微量元素を豊富に含み、古くから皇帝の滋養強壮、強精力剤として食べられてきました。
魚鰾(ぎょひょう):魚鰾とは、魚の浮き袋で、中国ではニベ科の魚・グチの浮き袋を炒って食用にしていました。高品質のコラーゲンや亜鉛などを豊富に含んでおり、「海洋人参」とも呼ばれています。
枸杞子(クコの実):中国のことわざに「離家千里、勿食枸杞」(男性は家を遠く離れたら枸杞を食べてはいけない)というのがあるほど、昔から「精の付く食べ物」として知られていました。ビタミン、微量元素が豊富。
鹿茸:牡鹿の生え始めの幼角を乾燥させた物。足腰の冷えや性機能の強化に欠かせない生薬。
牡蠣:亜鉛や微量元素、上質なたんぱく質に富み、血肉となり、精子の量を増やす。

これらを組み合わせた漢方には、
至宝三鞭丸(しほうさんべんがん)、参馬補腎丸(じんばほじんがん)、海精宝、イーパオなどが有り、体調や体質を考慮して最適なものを選びます。
至宝三鞭丸、子宝、男性不妊参馬補腎丸、男性不妊、漢方海精宝、子宝、漢方イーパオ、子宝、漢方

例えば、元気がなくて、胃腸が弱い人には、胃腸をケアする生薬も配合された「参馬補腎丸」を選びます。蟻が入っている「イーパオ」は、蟻のような足腰の頑健さがほしい時に使います。中国では蟻を含む漢方は、腰痛など痛みがあるときによくつかわれています。海精宝も個人差は有りますが、胃腸負担が軽い補腎の漢方として有効です。参馬補腎丸でも胃もたれがするような方は、海精宝もおすすめです。

男性力には補腎

中医学の高名な先生方がおっしゃるには、「30歳を超えたら補腎せよ」とのこと。若いうちからしっかり腎を補っておくことで、壮年を超えても、耳も良く聞こえ、頭髪もしっかりし、足腰も丈夫で、生殖能力も元気なままでいられます。

精子は熱に弱いので、とにかく熱を避けること。サウナや長風呂は厳禁です。そして辛いものや味の濃いものを避けて、野菜をたっぷり摂りましょう。かといって内蔵に負担となる、冷やしてしまうような冷たい飲食物も避けるべきですよ。常温のもの、温かいものを口にしましょう。

養生ではしっかり歩くこと。普段よりも歩くことが腎を強める文字通りの第一歩です。過労やセックスのし過ぎやしな過ぎもよくありません。

もし精液検査で、運動率が悪かったり、精液量や精子量が少なかったり、精力の減退や、持続力の低下などを感じられたなら、できるだけ早くご相談ください。腎を強めて、適切な養生と栄養を摂ることで検査の成績がとても良くなった方も多くいらっしゃいます。精子も老化します。1日でも早い対策が効果的です。