繰り返す「口内炎」に効く対策法

口内炎、厄介ですよね。しゃべるのも辛くなるぐらいひどくなる方もいらっしゃいますよね。今日はそんな厄介者の「口内炎」について書いてみたいと思います。

口内炎、西洋医学では

口内炎は、口の中や舌にできるぷちっとした炎症のことです。西洋医学的には、ウィルスや細菌の感染によるもの、噛んでしまった・歯の矯正などの傷によるもの、ビタミン・ミネラルの不足や、ストレスによるもの、口腔内の乾燥、その他、ベーチェット病や膠原病、アレルギー性の炎症、癌などが原因と考えられています。

殆どの場合は2週間もすれば治るものが多いですが、何度も繰り返したり、なかなか治らない場合はお医者さんに相談するようにしましょう。

口内炎を中医学で見ると

まず「口」のトラブルを中医学では、「脾」との関連性で考え、「舌」は「心」との関連性で考えます。「脾」とは胃腸などの消化器系を指し、「心」とは心臓を指しています

さらに「脾」は「胃」と繋がっており、「心」は「小腸」と繋がっています。これらのことから、中医学で口内炎を考えるときには、胃腸系と、心のトラブルを前提に考えていきます。

「口内炎」というぐらいですから、口内炎は炎症です。炎症を中医学では「火」や「熱」の問題として考えますので、口内炎の原因は、何らかの理由で「脾胃(胃腸系)」もしくは「心」に熱がこもってしまった状態としてとらえます。

口内炎のタイプ: 「実熱タイプ」と「虚熱タイプ」

実熱タイプ

実熱タイプの口内炎は炎症が激しく、痛みも激しいのが特徴です。また急になって2,3日で治まるというのもこのタイプに良く見られます。

食べ物が熱に

「脾胃(胃腸系)」に熱がこもってしまう第一の原因は、食べものです。辛い物や味の濃いもの、熱いものなどの食べ過ぎ、お酒や甘いもの、脂っこいものの食べ過ぎ、全般的な食べ過ぎると脾胃に熱がこもってしまいます。そのほか、脾胃がもともと弱いことによって、未消化物が残り、それに熱がこもってしまったことも考えられます。

対処法は、まず食べ物を選ぶことです。上記のような熱の原因になるものを避けて、潤いがあるもの、熱をとる力があるものを選んで食べるようにすることで、胃腸系の熱を除去することが出来ます。漢方薬を選ぶ場合も同じく、余分な熱を冷ます漢方をチョイスします。

ストレスが熱に

もう一つの、「心」に熱が溜まる原因の一番大きなものは、「ストレス」です。ストレスは体内のエネルギーである「気」の巡りを悪くします。悪くなった流れは、詰まったポンプを想像するとわかりやすいかと思いますが、負荷がかかり、熱を発生します。発生した熱は、その特性により、上へ上へと昇り、体の上部に症状がでやすくなります。例えば、目が血走ったり、カーッとなったり、そして口内炎などです。

もう一つストレスに関連して発生する熱は「感情」です。中でも「怒り」という感情は熱に変わりやすいとされています。ストレスの熱の場合も、食物の熱と同じく「熱を冷ます食材や漢方」を使って対処します。食物や感情、ストレスなど、これら外的要因によってもたらせた過剰な熱を中医学では「実熱」(じつねつ)いいます。

実熱(外的要因による熱)に対する涼性の食材

トマト、キュウリ、冬瓜、苦瓜、大根、豆腐、レタス、ホウレン草、ちんげん菜、菜の花、水菜、セロリ、セリ、菊花、ユリ根、ごぼう、レンコン、タケノコ、蒟蒻、もやし、まいたけ、リンゴ、梨、イチゴ、バナナ、スイカ、キウイ、柿、ビワ、グレープフルーツ、オレンジなど。

よく使われるのは

五涼華
五涼華
涼解楽(りょうかいらく)
涼解楽
天津感冒片(てんしんかんぼうへん)
天津感冒片
イスクラ温胆湯(うんたんとう)
温胆湯
加味逍遙散(かみしょうようさん)
加味逍遙散

虚熱タイプ

もう一つの熱に、これはちょっと難しい考え方なんですが、体内の寒熱のバランスが崩れたことによる「熱」というのもあります。人の体は、体を温めるための「熱」と、それを抑制する「水(潤い、津液といいます)」が、ちょうど同じ量あることで寒熱のバランスが取れている状態になります。もし水が少ないと熱が相対的に熱が過剰になってしまいます。これを先ほどの「実熱」に対して「虚熱」(きょねつ)と呼んでいます。このような場合は、熱を冷ますよりは、潤いを補う食材や漢方を使って対策します。

虚熱タイプの口内炎は、サイズが小さめで繰り返す慢性的なものが多いのが特徴です。

虚熱(潤い不足による相対的な熱)に対する食材

白菜、里芋、百合根、山芋、人参、アスパラ、枸杞の実、キクラゲ、イカ、ナマコ、豚肉、豆乳、トマト、レンコン、白きくらげ、アワビ、ハマグリ、白ごま、黒ゴマ、レモン、あさり、シジミ、カモ肉、豆腐、キュウリ、スイカ、菊花など。

よく使われるのは

紅沙棘(ほんさーじ)
ホンサージ
艶麗丹(えんれいたん)
エンレイタン
瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)
しゃかほじんがん

2つのタイプの口内炎

口内炎には「実熱タイプ」と「虚熱タイプ」があることはお分かりいただけたでしょうか。外的要因がもとになっている「実熱タイプ」の口内炎には、その要因を取り除くと共に、余分な熱を取り除く漢方や食材を使って治していきます。

体内の潤いの低下による「虚熱タイプ」の口内炎には、熱を冷ますよりも、潤いを補うことを重視した食材や漢方を使います。

実熱タイプは、普段健康な人に起こりやすく、症状は強く出ますが、治りも早いというのが特徴です。虚熱タイプは、長い間病気をしていたり、体力が落ちている場合に起きやすい口内炎で、症状は強く出ませんが、治りにくく、繰り返しやすいという特徴があります。

特徴

「実熱タイプ」の口内炎の特徴は、サイズ大き目で、強い痛みを伴う潰瘍で、周囲は赤く腫れている。話したり、食事をしたりすると痛みが増します。喉や口が乾燥したり、時には発熱することもあります。

脾胃(胃腸系)に熱がこもっている場合は、食欲が亢進したり、減退したりします。酸っぱい酸が上がってきたり、口臭があることもあります。口の周りにニキビが出たり、唇が赤くなったり、口角が切れることもあります。舌は紅くなり、苔は黄色くなっているときもあります。

「虚熱タイプ」の口内炎では、サイズは小さ目で、表面は白くなることもあります。口内炎の周囲は余り赤く腫れあがりません。痛みが少ないことの方が多くありますが、繰り返しやすいです。

実熱タイプに対して、胃腸症状が少ない、またはないのも特徴です。口が乾燥するというよりは、喉が渇き、水分を欲しがります。手足のほてりや肌や髪の乾燥なども見られることもあります。舌は紅く、表面にひび割れがみえることもあります。苔は無い場合や、あっても乾燥している場合が多く見られます。

口内炎の対策

どちらも日常的な対策としては、口腔内をきれいに・清潔に保つことと、辛いもの、味の濃いもの、脂っこいものを摂りすぎないことが不可欠です。お酒は熱の原因となるのでほどほどに。たばこは熱そのものなので、避けてください。食事の基本は、葉野菜たっぷりの和食を中心にです。カタカナの食材や料理を避けるほうが良いでしょう。

その他嗜好品では、コーヒーも熱の源になりますので、できれば緑茶がよいでしょう。熱をとる作用に加え、殺菌作用もあるので一石二鳥です。ストレスが原因の実熱タイプの口内炎は、ストレス発散に気をつけましょう。潤い不足が原因の虚熱タイプでは、潤いの源、「腎」を強化することが大切です。歩くことは腎を強めるのに役立てます。そして両方のタイプとも、睡眠をしっかりとることをお忘れなく。