心のトラブルは”気の持ちよう”じゃない

日々の潤い、心の潤いって大事ですね。その源が家族だったり、趣味だったり、大切な人だったり、物事の大なり小なりいろいろあるでしょうし、それが何なのかは人それぞれですが、そういったものが無くなってしまうのは、人生からハリと艶が失われる気がします。

そんなハリと艶が無くなってしまうと、疲れてしまって、新しく進む力も無くなってしまいます。ほんとはそんな時はしっかり休むことが大事なんですが、どうも勤勉な私たちは「休む」ということに罪悪感を感じずにはいられないようです。

画像の説明

無理してませんか?

何かのきっかけで、前に進む力がなくなってしまったとき、多くの人はそれが「甘え」だと感じたり、「頑張らないと」と言ってみたり、「努力が足りない」「我慢が足りない」と精神論で過小評価してしまっているように感じます。

それが小さな不安やイライラ程度ならまだ対処はできるかもしれませんが、抑圧された不安や不満は必ずどこかに影響しています。イライラしてしまったり、睡眠不足になったり、細胞の回復に影響しているかもしれません。脳の処理能力が低下しているかもしれません。女性ではもしかしたら基礎体温がギザギザになったり、月経が止まったりするかもしれません。胃が食べた物を消化してくれないかもしれません。どんな症状となって出てくるかは、元々どこが弱いかによって変わってきますが、抑圧された心は、少なからず何らかのサインを出しているはずです。

画像の説明

そんなとき、どうしていますか?

寝る、お酒を飲む、食べる、友達に・家族に・恋人に話す、運動をする、買い物をするなどなど、人によってさまざまな発散方法があると思います。しかし、多くの人がまずとる行動は「無視する」ことじゃないでしょうか。

確かに忙しい日々の生活の中で、疲れや不平、小さな不安に構っていられないという現状もあるでしょう。しかし、その小さな不安や不満を押しつぶしたままでいると、それらはやがて蓄積して抑えきれなくなり、ついには爆発し、感情や情緒のコントロールが効かなくなり、もしかしたら鬱になって何もできなくなったり、パニック症状を誘発し、家から出るのが怖くなったり、体温のコントロールが出来なくなったり、まったく眠れなくなったり、じんましんが体中にでたりと、もう自分ではどうしようもなくなってしまうことも十分に考えられます。そうなってから回復させるのは、とても時間も負担も大きくなります。

画像の説明

そうなる前に、、、

もし足の骨が折れてしまったら、放っておいてくっつくまで待っているっていう人はいないですよね。ちゃんとしかるべき処置をうけ、休息しますよね。骨折でできるなら、心のトラブルでもできるはずです。

捻挫程度なら一時の休息や息抜きでどうにかなるでしょう。でもそれが『骨折』ほどの状態なら、必ず治療が必要です。心の状態は見えないので、見た目には元気な人に見えてしまうので、ほんとに厄介です。だからこそ、自分が自分を労わってあげるしか無いんです。

「他人は理解してくれない」と言いますが、他人は他人です。私とあなたが思い描く『リンゴ』が違うように、同じように考え、同じように感じることは絶対にできません。他人を理解し、共感し、想像することはできても、同じ体験をして、その記憶に同じ重みをつけて、同じように感じることはできません。究極的には人間は孤独です。だからこそ、自分でケアしてあげないといけません。

周りに理解がある人たちがいる環境が整っている方は、それはとてもラッキーです。甘んじてその幸運を享受しましょう。でも殆どはそうはいきませんよね。でもそれでも、『骨折』を治すためには治療と休養が必要なことを理解して、行動して上げてください。自分のために。

画像の説明

あなたの周りにも

もしそんな人が周りにいたら、もし大事な人が悩んでいたら、できる限りのサポートをしてあげてください。これには相当な忍耐が必要です。ですが、怒らないで、イライラしないで、「大丈夫だよ」「きっと良くなるよ」と伝えてあげてください。一人で立とうとしているところを支えてあげてください。特に何もしなくてよいので、そばにいてあげてください。何も言わなくていいです。話を聴いてあげてください。「大丈夫だよ」「気にしなくていいよ」「きっとよくなるよ」と心で伝えてあげて下さい。

そして責めないでください。本人が自分で自分を一番責めています。励まさなくてもいいです。もう精一杯頑張っています。何もしないで寄り添うって実はとっても難しいです。もどかしいです。イライラすることもあります。でももどかしさもイライラも一番感じているのはその本人だということを、たまに思い出してください。

少し良くなったら、ピークを脱したら、笑わせてあげてください。面白い写真でも、面白い顔でも、面白い話でも、番組でも、楽しいプランでもなんでもいいです。心のトラブルは、そこから脱せなくなっている状態です。そしてその対策として「笑い」はとても効果的です。笑いは挿し込むタイミングが難しいので、何度もトライしてベストタイミングを見つけてください。くすぐってむりくり笑わせるのは無しですよ。