カゼの初期に葛根湯は間違い??~症状別カゼの対処法~

こんにちは、櫻井です。

いきなりですが、漢方のカゼ薬は沢山あります。
「カゼ」と一言で言っても、悪寒に鼻水、咳に熱と、症状は様々ですよね。さらに鼻水一つでも、水っぽいのがだらだら垂れるのか、黄色いのがでるのか、詰まるのか、いろんな症状があります。

中医学は体質・症状によって使うお薬が違ってくるのはご存知の通りですが、カゼに対しても同じことが言え、「風邪薬」も沢山あり、その使い分けが必要なのが事実です。じゃあ葛根湯はいつ使うのがただしいのでしょうか。

今日はそんなギモンにお答えする、『タイプ別 カゼの対処法』についてです。

画像の説明

中医学的 カゼ

カゼには、熱性のカゼ、乾燥性のカゼ、寒性のカゼ、湿気のカゼなどがあります。それぞれのカゼを中医学では『熱邪(風熱)のカゼ』『燥邪(風燥)のカゼ』『寒邪(風寒)のカゼ』『湿邪(風湿)のカゼ』という言い方をします。

中医学では、人が“カゼ”をひくのは、自然現象の一つである風が、人体に害をもたらす風邪(ふうじゃ)となって、身体に入り込んだ事が原因と考えています。更に風邪は単独ではなく、他の邪気、「湿」、「寒」、「熱」、「燥」などを引き連れて体内に入り込み、それぞれが特徴的な症状発症させます。

熱邪(風熱)のかぜ

発熱やのどの痛みに注意

「熱」のカゼは、急な発熱、身体が熱っぽい、のどが痛い、鼻水や痰が黄色く粘りがあるといった症状が特徴です。インフルエンザもこのタイプに当たります。このタイプは、身体の熱を冷まして炎症を鎮めることが大切です。

主な症状

発熱 ・顔が赤い ・口の渇き ・喉の痛み ・鼻水や痰が黄色く粘りがあるなど。

食養生

涼性の食材で熱を冷ましましょう。ミントティー ・菊花茶 ・ごぼう ・蓮根 ・大根・グレープフルーツ・キュウリ・冬瓜・トマト・梨・柿などがおすすめです。

漢方

余分な熱を取り去り、炎症を抑えるものが使われます。
銀翹散(ぎんぎょうさん)、天津感冒片(てんしんかんぼうへん)、涼解楽(りょうかいらく)、板藍茶(ばんらんちゃ)などが主に使われています。

おすすめレシピ

蓮根湯
すりおろした蓮根(1cm厚さ程度)、うすく切った金柑(2枚)、氷砂糖(1個)をカップに入れ、お湯を注いでかき混ぜます。

ミントティー
ミントは喉などの炎症を楽にしてくれる

燥邪(風燥)のかぜ 

長引く咳は乾燥のサイン

なかなか咳が止まらない、痰が絡む、といった症状は「燥邪」が入り込んだかぜ。長引いた時に良く見られるタイプで、乾燥した「肺」を潤すことがポイントです。マスクや加湿器等を使い、乾燥を防ぐ工夫も心がけましょう。

主な症状

・咳 ・痰が絡む ・胸が重苦しい ・口が渇く ・皮膚の乾燥 ・便秘気味など。

食養生

身体に潤いを与える食材を・梨 ・枇杷 ・はちみつ ・杏仁豆腐 ・銀杏 ・大根 ・百合根などがおすすめ。

漢方

潤すタイプのお薬が使われます。潤肺糖漿(じゅんぱいとうしょう)、麦門冬湯(ばくもんどうとう)など。

おすすめレシピ

百合根粥
おかゆを作り、とろみが出てきたら百合根を入れて少し煮込みます。味付けは塩味であっさりと。

大根
大根は潤いを補い、呼吸器系を強くしてくれる。

寒邪(風寒)のかぜ

ぞくぞくと悪寒がするかぜの初期

かぜの初期で強い悪寒や頭痛、節々の痛み、水っぽい鼻水といった症状が特徴です。このタイプのかぜは、身体をしっかり温めることが大切。暖かい服装を心がけることはもちろん、食事や入浴などで身体を伸から温めましょう。このタイプのカゼに葛根湯は本来使われるべき処方です。

主な症状

・悪寒 ・頭痛 ・節々の痛み ・鼻づまり ・鼻水が水っぽい ・顔が青白い ・汗をかかないなど。

食養生

身体を温める温性の食材を・生姜 ・ネギ ・ニンニク ・シナモン ・紅茶 ・三つ葉などがおすすめ。。

漢方

温めて寒気を散らす処方が使われます。
葛根湯、桂枝湯、小青竜湯、頂調顆粒など。

おすすめレシピ

生姜湯
すりおろした生姜(5g)、黒砂糖(小さじ1杯)、片栗粉(小さじ1)、
水(適量)を鍋で沸騰させれば出来上がり。

ぽかぽか鍋
白菜、大根、ねぎ、鶏肉、生姜をたっぷり煮込んだら、
最後に三つ葉を添えて。ポン酢などお好みの味でいただきます。

ショウガ
ショウガは体を温めてくれ、吐き気にも良い

湿邪(風湿)のかぜ

吐き気や食欲不振などの胃腸障害が特徴

「湿邪」が身体に入り込んだかぜは、胃の痛みやむかつき、食欲不振、下痢といった胃腸障害が特徴です。体内の「湿(余分な水分)」を取り除きながら、胃腸の働きを整えるよう心がけましょう。

主な症状

・胃のむかつき ・胃の痛み ・食欲不振 ・嘔吐 ・腹痛 ・下痢など。

食養生

香りのよい食材で胃の症状を緩和しましょう・しそ ・生姜 ・みょうが ・チンピ(みかんの皮を干したもの) ・梅干し・鯵がおすすめです。

漢方

胃腸の湿を飛ばす漢方が使われます。勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)、香蘇散(こうそさん)、五苓散(ごれいさん)などが使われています。

おすすめレシピ

しそ湯
しその葉5g(乾燥したものでも可)とチンピ(乾燥したみかんの皮)3gを細かく切って茶袋に入れ、水から煮出します。

紫蘇・梅干し
紫蘇の葉で漬けた梅干しは、まさに湿邪対策にぴったり

まとめ

店頭で、漢方の服用歴を伺うよく、「葛根湯なら飲んだことあります」とか「カゼには葛根湯がいいんですよね?」「葛根湯」が出てくることがよくあります。日本では知らない人がいないと思われる「カゼには葛根湯」ですが、実はこの漢方薬、決してカゼの万能薬ではありません。

カゼの初期に葛根湯は、半分正解で、半分間違いです。正しくは、「カゼの初期で、ぞくぞくと悪寒がして、汗が出ず、首筋にこわばりがあるとき」に葛根湯です。のどの痛みが強いときや、おなかを下してるとき、汗が出ているときなどは、葛根湯を使うべきではありません。さらに言うなら、「葛根湯を飲んでおかゆを食べて、布団をかぶって寝て汗をかく」までが正しい葛根湯の飲み方です。汗をかいたらやめてください。

カゼの対処はまず風から身を守ることが大事です。風にやられないようにするには、まず風から身を守ることです。風は緩んだ毛穴から体内に侵入してきます。なので、春になって暖かくなってくる時や、お風呂上りなど、肌が熱で緩んでいるときは特に気を付けて、風に当たらないようにしましょう。

漢方薬の選択では、代表的な一例をあげてあるだけなので、体質、体調、その他症状によっては違う漢方薬も使用します。ご服用をお考えの際は必ずご相談くださいね。

ミドリ薬品イオン店
櫻井まで!
0157-31-5550