五行論のお話し 

五行論と聞いて「もっかどごんすい」と浮かんだ人はかなりの中医学マニアの方とお見受けします。普通は何のことだかわからないですよね。

五行論とは、自然界の木・火・土・金・水の五つの物質に自然界や人体の事象の類似したものを当てはめて分類したもの。

とまぁこれだけを聞いたところでやっぱり何が何やらわからない五行論ですが、実はこのお話を理解しておかないと、中医学の全体像がつかめません。今日はどうにかこの、中医学の核となる理論、五行論をできるだけわかりやすく説明したいと思います。

木・火・土・金・水という自然を作り出す五つのエレメント

木火土金水とは、木や水や火など、中国の古代哲学で考えられた自然界を作り出す物質のこと。これを「もっかどごんすい」と読みます。

中医学の五行論は、これら物質の特徴と性質を、人体に当てはめて考えられたものです。一つ一つ見ていきましょう。

五臓・・・肝
五気・・・風
季節・・・春
性質・・・「木曰曲直」:成長、昇発、伸長

解説

「曲直」、「易動」、「喜伸長」の性質があり、木々が枝を伸ばすようにのびのびとし、葉が風にそよぐようによく動き変化するという特徴を表しています。

曲直とは、曲がると真っ直ぐで、一見相反するように見えますが、例えば、種が芽を出して成長する過程のように、始めは曲がった状態でも、放っておくと後に自然にまっすぐになる様を表しています。出てきた芽が曲がっているからといって、無理矢理真っ直ぐにしようとすると傷つけてしまいます。このように、「木(もく)」は伸びやかな状態を好むとされています。

木を五臓に当てはめるとです。肝は、血を貯蔵し血流量をコントロールし、臓腑の生理機能をスムーズに行えるよう調節しています。その影響は自律神経系にも及ぶので、肝の変調はイライラや不安、落ち込みなどから、下痢や便秘、ガスが溜まるなどの症状となって出てきます。また情緒面では怒りやすくなります。

肝を病んでいるものは、「よくしゃべる」という特徴があります。また、涙が多く出て、目の白目が青くなり、よくイライラする。匂いは脂臭くなるといわれています。

肝を良くする食材は、あさり、しじみ、カキ、イカ、レバー、菊花、クコの実、セロリ、せり、トマトなどです。

画像の説明

五臓・・・心
五気・・・暑
季節・・・夏
性質・・・「火曰炎上」~「炎上」、「温熱」、「紅亮」、「化物」。

解説

旺盛で熱く、赤く光るという性質があり、ものごとを変化させる性質があります。火はものを燃やし、変化させます。また、熱を持ち赤く燃え上がる性質を持っています。

中医学では人体にも「火」が生じることがあると考えます。例えば、カッカカッカしている人や、肌が真っ赤になっている症状、これらは「火」が体内にある状態として考えます。火が体内にあるとその他、不眠、ドキドキ、顔面紅潮、口内炎、尿の色が濃い、排尿痛、血尿、便秘などの症状がみられます。

火は五臓でいうと、「心」です。心は、血を体中に巡らせるポンプとしての作用と、精神や意識の安定にも影響します心に変調をきたすと、ドキドキしたり、息切れしたり、脈が飛んだりなどの症状がみられます。心はすべての臓腑を統括しており、心が弱ると、すべての臓腑の機能が低下してしまいます。

心の状態は舌や顔色、眼光、言語などに反応が出やすく、心の機能が低下したときは、顔の色つやが悪くなり、目からは生き生きとした生命力が感じられません。心が病むと、汗が出て、げっぷが多くなり、憂鬱が増え、舌先が赤くなり、焦げ臭いにおいがすると言われています。

心を補う食材は、小麦、なつめ、竜眼肉、はすの実、ゆり根、たまご、にがうり、とうがん、茶葉、ウコンなどです。

画像の説明

五臓・・・脾(胃)
五気・・・湿
季節・・・長夏(熱い気温と高い湿度が重なっている季節。日本では梅雨に該当する)
性質・・・「土曰稼穡」:生化、継承、受納

解説

「稼穡(かしょく)」は作物を植えることと、収穫することで、万物はこの「土」の上にしか存在できません。なので土には「生化」といって、すべてのものを生み出し、生長させ変化させる性質があると考えられています。

土は五臓では「脾(胃腸)」を指しています。脾は、胃とともに消化吸収を担い、エネルギーである気や血、そして潤いを造りだし、それらを全身に送り出す働きをしています。また、体にとって必要なものとそうでないものを分ける働きと、血液を血管内にとどめる働きもしています。

脾を病んだものは、胸やけがしたり、しゃっくりをしたり、唇が黄色くなったり、思い悩むことが多くなったり、よだれが出たりするといわれています。匂いは「香ばしい」とも。

余談ですが、土というのはまた、「土用」といって、季節の変わり目を指しています。日本では夏の土用が有名ですが、本来土用とは、春夏秋冬の季節の変わり目のことを指しており年4回あります。「土の気が旺(さかん)になるあいだ」という意味で「土旺用事」と言われ、それが「土用」という言葉になり、定着しました。

この期間は土気、要するに脾胃(胃腸)の気が盛んになるので、脾胃を養う養生をして、来る季節に備えることが大切です。脾の機能低下は、気や血の不足を生み、下痢や消化不良などの症状を発生させませす。脾の状態は口にでやすく、食べ過ぎなどでは、口の周りにニキビが出来たり、口角が切れたりします。唇の色つやが悪い場合は、胃腸機能低下を疑いましょう。また脾や胃は乾燥を好む臓器で、湿気を嫌います。梅雨時期や夏場など湿度が高い時期の食欲不振はそのためです。

こういった観点から、平賀源内が考えた土用の丑の日に気と血を補い、精をつけ、風湿を除き、筋骨を強くするので、むくみやめまい、しびれ、関節痛などによい、ウナギを食べるという宣伝文句は的を得ているといえます。

脾を補う食材はその他、米、長いも、さつまいも、かぼちゃ、キャベツ、しいたけ、鶏肉、カツオ、大豆などがあります。

画像の説明

五臓・・・肺
五気・・・燥
季節・・・秋
性質・・・「金曰従革」:清潔・粛降・収斂

解説

「従」とは、沢山の人が従い、寄り添っている状態で、「革」には隔たりという意味があります。「従革」とは、集めて分けるを繰り返すといういみです。この「集めて分ける」は肺の働きと一致しています。

「発声」、「粛殺」とは、明瞭な音があることと、金は「刃」に変化して粛正、殺滅するという性質を表しています。季節は秋が相応しますが、秋には草木が枯れ、生命活動が低下する様も粛殺の性質を表しています。

金は「肺」を指し、肺は、綺麗な空気を取り入れ、全身に送り出す呼吸の働きのほか、潤いや栄養分の運搬も担っています。また、皮膚や粘膜など生体バリア機能や免疫とも深く関係しています。

肺の機能低下は、感染症にかかりやすくなり、喘息や咳などの呼吸器系のトラブルがみられるほか、アトピー症状や花粉症など免疫系のアレルギー症状の発生要因となります。中医学での肺は鼻や口、気道なども含めた呼吸器系全般を指しているので、それらのトラブルでは肺の失調を疑います。

肺を病んだものは鼻水を垂れ、咳が出るといいます。皮膚全体が白くなり、憂い(悲しみ)の感情が多くなることもあります。匂いは生臭い匂いがするようです。

肺を補う食材は、シソ、しょうが、はと麦、松の実、ぎんなん、白菜、くるみ、たまねぎ、レンコン、大根、梨などがあります。

画像の説明

五臓・・・腎
五気・・・寒
季節・・・冬
性質・・・「水曰潤下」~「寒涼」、「就下」、「滋潤」、「閉蔵」。

解説

水には、上から下に流れ、冷たく、潤し、他者を取り込み、ため込む性質があります。

中医学で水は「腎」に相当します。水とは生物にとってなくてはならいものです。生命力の源=腎=水ととらえることができます。腎にある水、「腎陰」は上記の「火」を抑制する働きを担っています。体内の水である腎陰が不足すると火が強くなって乾燥状態を招き、のぼせやほてり、口渇、便秘、寝汗などがみられるようになります。イライラするのも、潤いが不足して、体内の陽気が火になってしまったためと考えられます。

腎とは、尿を作り出すためだけの臓器ではなく、人の成長や発育、生殖を司り、ホルモンの分泌や、知能、知覚、運動系の発達と維持にも関与し、人体の生命力の源と言える臓腑であると中医学では考えます。その他、身体を温めたり、血の生成にも関与しています。

腎が弱ると、腰痛や筋肉や骨の衰え、知力や体力の低下などがみられるようになります。『腰は腎の器』という言葉があり、腰痛がある方は腎に何らかのトラブルを抱えていることが多くあります。

腎が弱るとあくびが増え、唾が良く出て、恐れを感じ、震え、耳が黒くなり、うめくようになります。匂いは腐ったようなにおいがするといわれています。

腎を補う食材は、黒ごま、クコの実、長いも、すっぽん、なまこ、羊肉、うなぎ、くるみ、海老、ニラ、栗、ぶどうなどがあります。

画像の説明

まとめ

いかがでしたか。自然界を構成している木・火・土・金・水と私たちの体の関係のイメージがなんとなくつかめましたでしょうか。木はのびのびと、火は燃え上がり、土は育て、金は集め、水は冷やす。水は木を育て、火は木で燃え、燃えた木は土になり、土は金を育てます。そうしたすべての流れの中に私たちの体の一部もあるわけです。どれもが連なっており、どれもが関係している、私たちの体と自然も一体であるというお話でした。