中医学的冬の養生法~気持ちも心も穏やかに~

こんにちは。櫻井です。今日は朝から冷たい雨が雷を伴なって降っていて、とても寒い日です。北海道の冬はまさにこれからが本番で、日に日に冬の力が増してきているのを感じます。さて、今日はそろそろ本番を迎える冬を快適に過ごす養生法のお話をしたいと思います。

画像の説明

中医学的冬の養生法

古典をひも解くと、《黃帝內經‧素問‧四氣調神大論》には、

冬三月,此謂閉藏,水冰地坼,無擾乎陽。
早臥晚起,必待日光。
使志若伏若匿,若有私意,若已有得。
去寒就溫,無洩皮膚,使氣亟奪。
此冬氣之應,養藏之道也。逆之則傷腎,春為痿厥,奉生者少。

と書かれています。

難しいので、いつもお世話になっている小曽戸先生の「素問」をみてみましょう。

「冬の三か月を閉蔵という。それはもろもろのものが門戸を閉ざしてとじこもる季節である。
この期間は、水は氷り、地は凍てついて寒さが厳しいので、さすがに天の陽気もこれをやわらげることができないほどである。
このときにあっては、夜は早く寝、朝は遅くまで床にあって日が昇ってから起き、寒気に損なわれないようにしなければならない。精神的には気を静めて、何かしなければと思う志などふせ隠し、またひそかな心持で、常に満足していなければならない。肉体的には直に寒さにふれぬように、また、体を温かく保つように注意し、過労して汗をかき、陽気をたびたび逃すことの無いようにしなければならない。そのようにできれば、冬時における蟄蔵を特徴とする天地の気に相応じることとなり、これこそ、冬時の養生法であるというものだ。
 この養生法に逆らって精神を忙しく動揺させたり、寒にふれたり、過労して発汗し陽気をたびたび逃したりすると、冬の主役である腎の臓が傷害されて発病する。たとえすぐ発病しなくても、春になるとこれが原因となって、手足が萎えて冷える痿厥という病気になる。これは冬に受けた傷害がもとになって、春の発生の気力が減少した結果、病が表面に出てくるのだ。」

いかがでしょうか。中医学で冬は、「閉蔵」といって、陰を溜めて陽を護る季節とされています。陰とはものすごくざっくりいうと「潤い」で、陽とは、これもものすごくざっくり言うと「エネルギー」です。陰は日が沈んでから、陽は太陽が昇ってから養われるので、これからの時期はいつもよりほんのすこし早く寝て、ほんの少し遅く起きるようにするのが良いとされています。そして、室温を暖かく保ち、しっかり厚着をするようにして、陽気が毛穴(腠理・そうり)から逃げ出さないようにすることも大切です。

また、気持ちの上でも、「守り」が大切で、新しくチャレンジしたり、あれもこれもと欲をだしたり、気持ちを発散させるようなことは避けるほうがよいとされています。冬はゆったりのんびりが大切です。

画像の説明

冬は寒邪の季節

寒邪とは「冷え」です。寒邪は足腰や腎臓・膀胱系にまとわりついて、身体を中から外から冷やします。寒邪から身を守るためには、しっかり陽気を養うこと。そして、陽気は身体を温めるエネルギーなので、冷やさないことがとても大切です。家の外でも中でも防寒対策をしっかりして生活しましょう。そして、陽気を補う食べ物は、身体を温めるものです。調理法も生は避け、火を通して温かくして食べるようにしましょう。

身体を温める食べ物

薬味では、しょうが、ナツメグ、シナモン、八角(スターアニス)、フェンネルシード、唐辛子など
果物や木の実には、栗、クルミ、桃、サクランボなど
魚介などでは、鮭、ウナギ、エビなど
肉類は、羊肉、鹿肉、牛肉、鶏肉など
調味料は、酒、しょうゆ、黒砂糖など
飲み物は、紅茶など

注意)冷たいものはとにかく温めて食べましょう。日光を浴びることも大切です。

画像の説明

どこも冷やさない様に

「頭寒足熱」と良く言いますが、冬場は足も頭も冷やしてはいけません。お出かけの際は帽子をかぶってくださいね。その他冷やしてはいけない部位に、臍、関節があります。

「臍を冷やすな」というのは、勿論、冬場にヘソ出しルックはやめておけという意味でもありますが、本来は「冷たいものを避ける」という意味です。臍を冷やしてしまうと内臓が冷え、腹痛や下痢ばかりか、身体が芯から冷えてしまい、女性では生理痛の悪化や、ひどいと不妊にもつながります。男性でも腰痛や体力の低下、食欲の低下なども見られるようになります。関節は冷やすと痛みが出てきたり、関節炎の原因となります。特に足首を冷やさに無いようにしましょう。寒い外から帰ってきたときには、足湯をするとよいでしょう。冬場に素足をさらして歩いているのは、自ら病気を呼び寄せてるようなものです。絶対にやめてください。

画像の説明

冬は乾燥も注意

冬は寒さと同時に、乾燥の季節でもあります。空気の乾燥は呼吸するだけで体内の潤いを奪います。私たちの体を守っている「粘膜」は、潤っていることで十分な効果を発揮します。体内の乾燥はほてりやのぼせ、目や口の乾燥、寝汗、そして血液中の水分も少なくなり、血液がドロドロになりやすくなります。潤いを補う食材も温める食材と一緒に摂るようにしましょう。

潤いを補う食材

薬味では、黒ゴマ、白ゴマなど
穀類・豆類では、あわ、豆腐、もち米、ハトムギ、黒豆など
野菜では、トマト、黒きくらげ、白きくらげ、サトイモ、ユリ根、白菜、山芋など
果物では、梨、リンゴ、柿など
魚介や海藻では、カニ、エビ、牡蠣、昆布など
肉類では、豚肉や卵
調味料では、はちみつ、オリーブオイルなど

注意) 辛味が強いものは控えるようにしましょう。

画像の説明

冬場はまた、心も穏やかにして、体も心もゆったりすることが大切です。気持も発散させない様にしましょう。そして汗(潤い)とともに陽気が逃げてしまうので、激しいスポーツは避けましょう。もし汗をかいたら、素早くふき取るようにし、とにかく冷えない様心がけてくださいね。