中医学的「認知症」の予防について

記憶障害・判断能力の低下・見当識障害(日付や場所が分からないなど)・徘徊などを主症状とする、認知症。昨今は若い人にもみられる若年性認知症が話題になっていますね。

中医学では、認知症の予防と対策には「血流改善」がとても重要と考えています。西洋医学でも最近血流が認知症の症状の改善に効果があると考えられており、ますます注目が増しています。

認知症の予防でとても大切なことは、「脳の細かい血管の血流を良くする事」です。これは突然死を招く「脳梗塞」対策にもとても重要です。
画像の説明

中医学で考える血流改善

中医学ではドロドロとめぐりの悪くなった血を「瘀血(おけつ)」と言います。これは動脈硬化や血栓の要因となり、血流を低下する原因になります。中医学的痴呆症対策ではこの瘀血をどう解消するか、また瘀血を発生させないかが重要になります。

瘀血を発生させ内には普段の生活習慣や食習慣の改善がとても需要です。また発生してしまった瘀血を改善するには、血を活き活きと巡らせる活血法という手法で対処します。

血を巡らせるには、血流を促す漢方である、冠元顆粒(かんげんかりゅう)や桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、血府逐瘀丸(けっぷちくおがん)などから体質に合ったものを選びます。

画像の説明

瘀血の原因は「痰湿(たんしつ)」と「気」の流れの停滞と、「気血不足」

体内をスムーズに巡り、体の各部に栄養と潤いを届けている「血(けつ)」。これがドロドロとした流れにくい物質になるには、日々の食事やストレスも大きく影響します。

太り気味や食事の偏りがみられる「痰湿」

生冷食や「肥甘厚味(ひかんこうみ)」と呼ばれる、脂ぽく、味が濃い食事は、「痰湿(たんしつ)」と呼ばれる余分な水分や汚れを体内に発生させます。痰湿はベタベタと血管内に溜まり、血を粘りのあるドロドロ状態にします。これが「瘀血」となり、脳だけでなく全身の血流の悪化を招きます。昨今では、サラダや冷たいものの摂り過ぎ、カフェの甘い飲み物や、甘いジュースの飲み過ぎなどで痰湿が溜まってしまっている方も多いです。

痰湿症状

吐き気やめまい、食欲不振や軟便、痰が多い、耳の閉塞感、頭重、肥満、体が重い、頭がヘルメットをかぶったように重い、舌に厚い苔がべったりついているなど

おすすめ食養生

大根、キュウリ、ニガウリ、海藻類、茸類、緑豆、緑豆モヤシや春雨、ハトムギ、ハブ茶など

画像の説明
茸にたっぷりの大根おろしを入れた「みぞれ鍋」もおすすめ

イライラやガスが溜まるのは、気の停滞

体内を巡っている「血」は、そのままでは流れず「血」を動かすエネルギーである「気」とともに体の各部隅々まで巡っています。そしてこの気の流れは、五臓の一つで、精神情緒の安定を司る「肝」によってコントロールされています。よって、肝が過剰なストレスなどでダメージを受けると、気の流れが停滞して血流も滞りがちになります。これが長期化してしまうと、瘀血を作り出してしまいます。

気の停滞症状

イライラ、憂鬱、ガスやげっぷが多い、お腹が張る、不安、怒りやすい、神経質、喉に詰った感じがある、肩こり、ストレスで頭痛や胸の張りや痛みが悪化しやすいなど

おすすめ食材

かんきつ類、セロリ・セリ・春菊などの香味野菜、蕎麦、菊の花、ミント、ラベンダー、イカ、牡蠣、貝類など

画像の説明
柚子の香りは気を巡らせる力がある。

虚弱体質で血の流れが弱いのは、気血の不足

胃腸が弱い人は、エネルギーや栄養である血を作る力が弱くなっています。また、ご高齢の方や、慢性病で体力が落ちているかたも、栄養である血やその血を巡らせるエネルギーである気が慢性的に不足しています。

血が少ないと、流れに勢いがなくなりますので、結果として血が停滞し、瘀血が発生します。

気血不足の症状

疲労、息切れ、動悸、汗が出やすい(寝汗ではない)、食欲不振、不眠、軟便、不安、腰痛、夜間多尿など

おすすめ食材

山芋、なつめ、ほうれん草、ゴマ、ウナギ、鶏肉、鹿肉、小松菜、クルミなど。
画像の説明
ほうれん草と豚肉の常夜鍋はうちの定番です

血流改善がとにかく大事

血流改善には、まず良い食事を摂ること。肥甘厚味や生冷食の偏りをなくして、火を通した野菜をたっぷり食べるようにしましょう。そのうえで、イワシや秋刀魚など青魚や、黒豆、黒きくらげ、小豆、タマネギ、ラッキョウなども日々の食事に取り入れましょう。

また血は気の流れによって促されているので、積極的に動くという事も大切です。お仕事中などは特に座りっぱなしになることも多いので、1時間に1回、2分程度で良いので、立って動くようにしましょう。その際には深呼吸や肩回しもお忘れなく。

食養生や日々の生活習慣での予防は、あくまでも予防です。出来てしまった瘀血を改善したり、痰湿や気の巡りの悪さを”改善”するにはやはりお薬の力が必要です。どの漢方を飲めばよいかわからないときは、専門家に御相談下さいね。(本音は是非当店へ!笑)

もし自分がなったら、その時にはもうわからなくなっているかもしれない認知症。予防や早期対策がとても重要です。昨今では若い方にも認知症の症状がみられるようでもあるので、日ごろの食生活を含めて、早め早めの対策を心がけましょう。

メール:info@midoriyakuhin.com
電話:0157-31-5550

櫻井まで!