大寒の養生

明日からは大寒といって一年で一番寒くなる日が始まります。

旧暦で数えますとこれからが年末ということになり、お隣中国では大寒を過ぎるとお正月の準備に追われます。

この時期の養生について中国には、「風を防いで寒さを防ぎ、朝は高麗人参、黄耆(おうぎ)を浸した酒を飲み、夜は杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)を飲む」といった言い伝えがあるそうです。

高麗人参はエネルギー補給には外せない生薬で、、黄耆(おうぎ)は、脾(消化器系)や肺(呼吸器系)を強化し、ウィルスや花粉、冷えなどの外敵から身を守ってくれる生薬です。高麗人参との相性も良く、病気の後の栄養補給などにもよく使われます。

杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)とは、潤いを補い、体の根本を支える五臓の腎を補う漢方です。高麗人参や黄耆でのエネルギーの補給に加えて、杞菊地黄丸で潤い補給をして冬場の乾燥対策もしっかりということですね。

画像の説明

冬の養生の基本は『養腎防寒』といって、生命の源である腎を護り、陽を補い、寒さから身を護ることです。

大寒の時期は、咳など呼吸器系の疾患が増えるので、寒さを吹き飛ばす温性の食べ物を食べて、さらにエネルギーである気を蓄え、ウィルスや細菌による感染から身を護るようにするとよいでしょう。

この時期におすすめの食材は、紫蘇の葉、ショウガ、長ネギ、唐辛子、シナモンなど。

そして「腎」を護るには、(加熱した)海藻類、キクラゲ、黒ゴマ、エビ、鮭、きのこ類、羊肉などです。

画像の説明
また、防寒対策で重要なのは「三暖」を心掛けるということ。頭、背、脚この三つの部分を温めましょう。頭部に寒気を受けると、筋肉が緊張し頭痛や肩こり・痛み、そして下痢や腹痛なども。背中に寒気を受けると、冷えが内臓にも伝わって機能を低下させ体力を低下させます。さらに腰や背中の痛み、全身の筋肉や関節にも不調をおこします。脚に寒気を受けると、免疫系を弱らせ抵抗力が弱まり、細菌やウィルスに侵されやすくなり、カゼやインフルエンザに罹りやすくなります。頭、背、脚、ここに注意して防寒保温に努めてください。